チャイルドブックの歴史について

チャイルドブックは1937年(昭和12年)創刊 80年にわたり、全国の幼稚園・保育園に信頼され、子どもたちに愛されてきました。
  1. 創刊号 チャイルドブックの前身「コドモノヒカリ」
  2. 昭和19年9月号 「日本ノコドモ」に改題
  3. 昭和24年10月号 チャイルドブックに改題
  4. 昭和40年4月号
  5. 昭和52年6月号
  6. そして今2020年4月号
こんなロングセラー絵本もチャイルドブックから生まれたのです!

チャイルドブックのひみつ じつは…童謡「いぬのおまわりさん」はチャイルドブックから生まれたのです!

最初に登場したのは昭和35年10月号。迷子の猫をお母さんのところまで連れて行ってあげましょうという迷路のページだったのです。当時は付録でソノシートが付いており、それがNHKラジオ放送で流れ、広まっていったそうです。
トップ画面に戻る