チャイルドブックは、幼稚園・保育所を通して、幼児のための出版と、
保育のための環境づくりで幼児教育界に貢献します。

ホーム > 月刊絵本 > 月刊チャイルドブックニュース 
月刊チャイルドブックニュースの一覧はこちら

月刊チャイルドブックニュース

月刊絵本におかきいただいている作家、画家、写真家の中から毎月おひとりにインタビューをいたします。
このページは、そのインタビューをまとめたものです。
なお、この記事は小社の月刊絵本をご採用いただいている幼稚園、保育園の先生方に配布している冊子「ほいくえほん」にも掲載されています。
チャイルドブック・アップル4月号
「コケコックさん」
ささき みお先生です。


チャイルドブック・アップル4月号
「コケコックさん」
作/林 木林 絵/ささき みお
ささき みお
東京都生まれ。作品に『おばけのひやめしや』『おならバスのたーむくん』『きしゃしっぽ』(以上、ひさかたチャイルド)、『のぞいてみたら』(講談社)、『おかあさん、おみやげ』(フレーベル館)、『もんぜんバナナ』(文研出版)、『ドラキュラばあちゃん』(PHP研究所)など多数。
――『コケコックさん』のお話を読んで、まずどんなことが思い浮かびましたか?
コケコックさんがクルクルと店内を動き回って、おいしい食べ物を作り、つぎつぎにお客さんを笑顔にしていく様子が目に浮かびました。
コケコックさんは、かわいいのはもちろんですが、次から次へとオリジナル料理を作り出す、職人派のこだわりシェフ。お料理のみならず、お店の造りや家具、雑貨、おみやげまで楽しい“コケワールド”を作っているに違いないと思いました。

――“コケワールド”全開の楽しい絵が満載ですが、描くときに意識したことはありますか?
登場するいろいろな物を、どうやって“にわとり化”できるかを企みつつ描きました。ここにとさかを付けちゃおう、ここは羽にしちゃおうなどなど。たくさん隠れているので、探してみてくださいね。

――出てくる食べ物がとってもおいしそうですね! ご自身も食べることはお好きですか?
大好きです! おいしい食べ物は、人を幸せな気持ちにさせてくれますよね。レストラン「ココリコ」のようにわくわくするお店で食事をいただいたら、いっそう幸せになっちゃいそう〜。
もしわたしが「ココリコ」に行ったとしたら、コケコックさんのおすすめを食べてみたいです。「きょうはなにがいいかしら?」なんて聞いたら、「それなら、これがおすすめです」と言ってくれそうでしょ?

――しかけも楽しいお話ですね。しかけページを描くうえでどんな点に苦労されましたか?
絵が、予想したしかけの穴の位置とぴったり合わなかったこと。気にしていたつもりがずれていて…(汗)。合わせるのは難しいですね。それゆえに、しかけがピタッとはまったときの喜びったらありません。

――しかけページの他に、ここを見てもらいたいという所はありますか?
冒頭のページ、山の向こうからのぼってくるお日様です。はじめは普通のお日様を描いていたのですが、次第に今の絵になりました。どうですか? 形もぴったりでしょ?
そしていつか、コケコックさんが帽子をとった姿を見てもらえたらいいなあと思っています。男の子ですから、実は立派なとさかが隠れているんですよ。

 ひさかたチャイルドより好評発売中!

――最後に、読者の方へのメッセージをお願いいたします。
コケコックさんやお客さんたちといっしょに、おいしいお話を楽しんでくださいね!

 ひさかたチャイルドより好評発売中!


月刊チャイルドブックニュースの一覧はこちら

ページの先頭へ戻る
ホーム | 会社案内 | カタログ請求 | 著作権について | お問い合わせ | サイトマップ
月刊絵本 | 保育図書 | 図鑑・単行本 | Pot | セレクトパル | 販売店様向けWEB受注システム
Copyright 2000-2016 CHILD HONSHA Co.,Ltd. All rights reserved