チャイルドブックは、幼稚園・保育所を通して、幼児のための出版と、
保育のための環境づくりで幼児教育界に貢献します。

ホーム > 月刊絵本 > 月刊チャイルドブックニュース 
月刊チャイルドブックニュースの一覧はこちら

月刊チャイルドブックニュース

月刊絵本におかきいただいている作家、画家、写真家の中から毎月おひとりにインタビューをいたします。
このページは、そのインタビューをまとめたものです。
なお、この記事は小社の月刊絵本をご採用いただいている幼稚園、保育園の先生方に配布している冊子「ほいくえほん」にも掲載されています。
サンチャイルド・ビッグサイエンス7月号
『なつの おうさま かぶとむし』
写真家 久保秀一先生です。


サンチャイルド・ビッグサイエンス7月号
『なつの おうさま かぶとむし』
撮影/久保秀一
久保秀一(くぼ・ひでかず)
東京都生まれ。日本大学芸術学部卒業。フリーの生態写真家として、月刊保育絵本の他、単行本や教科書など、幅広い分野で活躍中。代表作に『自然きらきら』全24巻(偕成社)、『みいつけた!』全8巻、『どアップ写真絵本 どっちがつよい? カブト対クワガタ』(共に学研教育出版)などがある。
――今回、カブトムシのすばらしい写真をたくさん撮影いただきました。特にたいへんだった写真や、印象深い写真などがありましたら教えてください。
木に止まっているカブトムシからは機敏な動きは想像しにくいのですが、けんかのときには驚くほどすばやい動きを見せます。丈夫な角を相手の体の下にもぐり込ませて跳ね上げる動作は、まさに一瞬です。この動きを的確に捉えるために繰り返し撮影を続け、朝を迎えてしまうこともたびたびでした。
今回の撮影で撮れた写真の中で一番のお気に入りは、雑木林を背景に飛翔するカブトムシです。特殊な機材を駆使しての撮影ですが、雑木林の雰囲気と飛翔するカブトムシの表情と位置がうまく撮れました。
羽の先端がわずかにブレた写真が偶然にも撮れ、羽の動きを表現できたのは、幸運でした。

飛翔するカブトムシ。雑木林をゆうゆうと飛んでいる姿が見事に捉えられています。

――先生はカブトムシだけでなく、ダンゴムシやテントウムシ、また植物なども撮られていますが、特に好きな生き物や植物はありますか?
特別に好きな生き物はありませんが、昆虫でも植物でも、徹底して付き合ってみるとみんな大好きになります。懸命に生きて子孫を残す姿が見えてくるのです。昆虫は羽化して成虫にならなければ交尾ができませんから、羽化は重要なステップになります。飽きるほど繰り返し撮影してきたさまざまな羽化のシーンには毎回感動を覚えます。いつもより余計に時間がかかったりすると「がんばれ がんばれ」とファインダー越しに声をかけてしまいます。
植物の発芽の力強さにも感動を覚えます。小さく硬い殻を破って柔らかい根と葉を懸命に伸ばす姿には命そのものを感じます。

成虫になったばかりのカブトムシが、初めて地上に出る場面。まるで一枚の絵のような、美しいシーンです。

――やはり子どもの頃から、写真への興味はおありでしたか?
いつ頃から、どのようなことをきっかけに写真家の道を志したのかも教えていただけるとうれしいです。
ぼくが初めてカメラを手にしたのは中学生の頃でした。父親が安い中古品を買ってきたのです。ただ写るだけのカメラでしたが、身の回りのものを手当たり次第撮りまくったのを覚えています。フィルム代も馬鹿にならず叱られました。
高校時代には友人と写真部を立ち上げ、学校行事の撮影にも腕を発揮していたんです。学生時代は、カメラマンとして婦人誌で撮影のアルバイトに明け暮れ、卒業後も続けていたのですが、料理や商品の撮影が主な仕事でしたから仕事のマンネリ化に嫌気を感じていました。そんなときに菜の花とモンシロチョウの撮影依頼を受けたんです。とても新鮮でしたが難しい撮影でした。その日から五十数年、身近な自然や生き物を撮り続けています。

――今の子どもたちを取り巻く自然環境について、どう思われますか?
ぼくが子どもの頃は、遊びに出かければ泥だらけになって帰ってくるのが当たり前でした。けがをして帰ることも頻繁にありました。だからこそ学べた多くの経験があります。
今では、柵で囲われた池や小川、立ち入り禁止の林や草原、イベントとしてのカブトムシ採集。飼っていたカブトムシが死んだら、「電池を取り替えて」と親に頼んだ子どもがいたという記事を前に読んだことがあります。悲しいですね。


月刊チャイルドブックニュースの一覧はこちら

ページの先頭へ戻る
ホーム | 会社案内 | カタログ請求 | 著作権について | お問い合わせ | サイトマップ
月刊絵本 | 保育図書 | 図鑑・単行本 | Pot | セレクトパル | 販売店様向けWEB受注システム
Copyright 2000-2017 CHILD HONSHA Co.,Ltd. All rights reserved